移転オフィスのレイアウトの決め方

オフィス移転の目的は会社によって違います。目的に沿ったレイアウトを考えることも重要ですが、現オフィスの問題点を改善することも重要です。簡単なレイアウト変更で解決できる問題もあれば、区画の広さや構造などあとから変更ができない問題もあります。レイアウト決定の前に、社員から今のオフィスに対する不満点についてアンケートをとっておくことも重要です。

続きを読む

移転先ビルの設備確認で重要なポイント

統計によると「オフィスの平均入居年数は6.78年」というデータが出ています。オフィス移転の費用は高額で数年単位でできるものではありませんので、移転後に公開することのないよう、移転先の設備や周辺施設の確認は念入りに行うようにしましょう。

続きを読む

移転候補オフィスの比較ポイント

オフィス移転の際には、候補としていくつかのオフィスをピックアップするでしょう。その中からどのオフィスを選ぶかは迷ってしまうと思います。オフィス移転は、会社の一大イベントです。

続きを読む

移転希望エリアの市場調査

移転先オフィスの物件探しをする前に、希望エリアの市場調査を実行しましょう。最初の段階では、なんとなくイメージが良さそうなエリアや、便利そうなエリアに移転することを考えることも多いと思います。しかし、希望エリアが本当に移転先として最適なエリアかどうかは調査してみないとわかりません。オフィス移転にはコストもかかります。コストをかけてもそのエリアに移転することにメリットがあると思われるところを選びましょう。

続きを読む

移転先オフィスの条件設定

オフィス移転プロジェクトを開始したら、新しいオフィスを探さなければなりません。移転先のオフィスを探すにあたって、新オフィスに求める条件をまとめておく必要があります。不動産業者に物件を探してもらうにも、条件を指定しなければなりません。項目ごとにどのような物件なら良いかをまとめておきましょう。

続きを読む

現オフィスの現状調査

オフィス移転を考えたときに、最初にしなければならないのが現状調査です。現状調査とは、現オフィスの現状を把握し、問題点を整理することになります。現オフィスの現状調査では、オフィスの面積や通信環境、OA機器の環境、照明や空調の状況などを確認しましょう。そして、それぞれの事項について、仕事がしにくいと感じている点がないかを洗い出します。

続きを読む

現オフィスの退出条件の確認

オフィス移転プロジェクトを開始する前に、現オフィスの退出条件を確認しておきましょう。オフィスの退出条件とは、賃貸借契約を解約するための条件です。
解約前の予告や原状回復については、賃貸借契約で必ず定められています。賃貸借契約を締結するときには、解約条件までチェックしていないことも多いでしょう。また、契約時に解約条件について説明を受けていても、年数が経てば忘れてしまっていることもあります。

続きを読む

移転スケジュールを計画

オフィス移転を実施するとき、最初にしなければならないのが移転スケジュールの作成です。初めてのオフィス移転では、そもそもどのようにスケジュールを組めばよいのかもわからないでしょう。スケジュールを作成するコツは、余裕を持ってプロジェクトを開始することです。

続きを読む

移転方針の作成

オフィス移転をするにあたって、移転方針を作成する必要があります。移転方針とは、オフィス移転を進めるためのガイドラインです。オフィス移転は、単なる引越しではなく会社の体制の見直しや業務効率化など、さまざまな目的や効果があります。

続きを読む