渋谷区の賃料相場まとめ!渋谷区の賃貸オフィス事情

 

渋谷区の賃料相場について

大型ビルの賃料相場(100坪以上)

渋谷というと、109など若者向けのショッピング施設があるエリアというイメージがあるかもしれません。スクランブル交差点には朝から晩まで大勢の人が行きかい、とにかくにぎやかな印象を持っている人も多いのではないでしょうか。しかし、実は今その渋谷は、ビジネスエリアとしても注目のエリアとなっています。
東京都内にはたくさんのビジネスエリアがあり、なかでも千代田区や中央区、港区などはビジネスエリアの代表格といえますが、近年渋谷区のオフィス物件は、これらのエリアをしのぐ勢いで需要が伸びているのです。
たとえば、100坪以上の大型ビルの賃料相場は千代田区が22000円くらい、中央区が20000円くらい、港区が24000円くらいとなっているのに対し、渋谷区の賃料相場は24000円くらいとなっています。
もちろんこれは賃料相場ですから、個々の物件の賃料には差がありますが、千代田区や中央区よりも賃料が高くなっているのです。これは、もともと千代田区や中央区などと比べると渋谷区の物件数が少なめであることも影響していますが、高額な賃料を支払ってでも、渋谷区の賃貸オフィスを利用したいという企業が多いことのあらわれともいえます。

中型ビルの賃料相場(50坪~100坪)

近年になって、ビジネスエリアとしての需要が高まってきた渋谷区。もともとショッピングを中心とする繁華街として繁栄してきたエリアだけに、大型ビルタイプのオフィス物件は少なめなのですが、1階を店舗などにしやすい中型ビルは比較的豊富に存在しています。
渋谷区エリアの中型ビル(50坪~100坪)の賃料相場は、最も高いのが渋谷駅周辺の神宮前・渋谷・道玄坂エリアとなっていて、賃料相場22000円ほどです。渋谷駅周辺は、交通利便性も良く、飲食店をはじめとする商業施設がずらりと並んでいますから、賃貸事務所の需要が多いのです。
最も安いのは初台・幡ヶ谷・笹塚エリアで、14000円ほどとなっています。初台や幡ヶ谷といったエリアは、渋谷区の外れに位置しているため、渋谷区にオフィスを構えたい!と考える人にとってはオフィス探しの候補には上がりにくいエリアかもしれません。しかし、初台エリアから少し行けば新宿駅などにも出ることができますし、中型ビルでリーズナブルなものを探しているというのであれば、かえって穴場といえます。初台エリアの方が渋谷エリアよりも落ち着いていて、ビジネス環境としては整っているとおっしゃるお客様も多いです。

小型ビルの賃料相場(20坪~50坪)

かつてはIT系ベンチャー企業が次々と開業した渋谷エリアを「ビットバレー」などと呼んだりしていた時代もありました。今では、渋谷にあつまる企業はIT系に限らず、さまざまな業種へと広がっていますが、小型ビルなどで開業したいベンチャー企業などにとっては、利便性が高くエネルギーに満ちた渋谷は、まだまだ魅力的な街といえます。
渋谷区で20坪~50坪くらいまでの小型ビルの賃料相場ですが、最も高いのはやはり渋谷駅周辺で22000円ほど、最も安いのは初台や笹塚などのエリアで13000円ほどとなっています。
金額だけ見ると、中型ビルの賃料相場とさほど変わらないのですが、これはあくまで平均値ですから、一つ一つの物件を丁寧に見ていくと、きわめて安い物件や、高い物件なども出てきます。
たとえば、渋谷駅から徒歩6分という位置にある秀和青山レジデンスという物件は、面積が30坪ほどのワンフロア賃貸ですが、賃料は坪単価8000円ほどで利用が可能です。初台エリアの物件ももちろん魅力のある物件はありますが、小型ビルの場合は渋谷駅周辺の物件の方が数が豊富な場合が多いので、条件に見合う物件が見つかる可能性は渋谷駅周辺の方が高いかもしれません。

一覧ページへ