新宿区の賃料相場まとめ!新宿区の賃貸オフィス事情

 

新宿区の賃料相場について

大型ビルの賃料相場(100坪以上)

多くの高層ビルが立ち並ぶビジネスエリアの代表格のような街、新宿。そのビジュアルからもわかるとおり、新宿区にはたくさんのオフィスビル、賃貸事務所などがあります。
交通の利便性も良いので、常に人気の高いビジネスエリアです。しかし、人気の高いビジネスエリアである割には、新宿区の賃貸オフィスの賃料相場は、中央区や港区、千代田区などと比べて低めといえるかもしれません。
フロア面積100坪以上の大型ビルでは、もっとも賃料相場が高いのは新宿・西新宿エリアで、24000円くらいとなっており、もっとも低いところでは四谷エリアの13000円くらいという賃料相場がみられます。
このように、新宿区の賃貸オフィスビルの賃料相場がリーズナブルに抑えられているのは、新宿区エリアに多種多様なオフィスビルが乱立していることが原因と考えられます。交通利便性の良さや周辺の商業施設の数など、実際にオフィスとして利用した場合には非常に使いやすい物件が多いエリアであるにもかかわらず、物件数が多いために賃料競争がし烈になっているといえるのです。

中型ビルの賃料相場(50坪~100坪)

大型ビル、中型ビル、小型ビル…さまざまなタイプのオフィスビルが集まるビジネスエリア、新宿。しかし、やはり一番人気が高いのは、手ごろな賃料で利用ができる中型ビル物件なのです。
新宿区の中型ビル(50坪~100坪ほど)の賃料相場は、最も安いところで高田馬場・早稲田・大久保エリアの13000円くらい、最も高いところで新宿・西新宿エリアの19000円くらいとなっています。
高田馬場エリアは、ビジネス街というよりは学生街としてのイメージを強く持たれているかもしれませんが、交通の便もよく飲食店なども多いので、オフィスを構えるととても便利な場所なのです。このエリアには、大型オフィスビルは少ないので大型ビル物件を探す場合には見つけるのは難しいかもしれませんが、中型ビルであれば数多く立地しているので、新宿区にオフィスを構えたいという場合には物件が見つかりやすいエリアといえるでしょう。
新宿・西新宿エリアは、とにかく利便性がよいのでどうしても賃料相場が高くなってしまいますが、物件数は非常に多いので、探せばリーズナブルな物件を見つけることもできます。

小型ビルの賃料相場(20坪~50坪)

新宿区エリアのオフィス物件の賃料相場は、物件の規模にかかわらず新宿駅周辺ほど値段が高くなっています。一方で、学生街やコリアンタウンのイメージが強い高田馬場や早稲田、大久保エリアや、市ヶ谷・神楽坂エリアは、オフィス物件の賃料相場は非常にリーズナブルです。
たくさんの企業がオフィスを構えているエリアなので、これから多くの企業との取引を希望するベンチャー企業などは、小規模でも新宿区にオフィスを構えると日々の営業活動などが起こしやすいかもしれません。
ちなみに、新宿区の小型ビル(20坪~50坪ほど)の賃料相場は、新宿・西新宿エリアが18000円くらいと高く、市ヶ谷や神楽坂エリアが10000円くらいと安くなっています。
市ヶ谷や神楽坂はビジネスエリアという印象はあまりありませんが、多くのオフィスが集まる千代田区にも近いですから、オフィスとしての利便性はかなり高いといえます。市ヶ谷エリアには防衛相などの公的施設が多く立地していることもあって、落ち着いた雰囲気が漂っているのも魅力です。エリア内には一般住宅やマンション物件もありますが、SOHO利用が可能な住宅物件もありますから、極小型のオフィスを希望する場合にはそういった物件を探すこともできます。

一覧ページへ