港区の賃料相場まとめ!港区の賃貸オフィス事情

 

港区の賃料相場について

大型ビルの賃料相場(100坪以上)

たくさんのビジネスエリアを擁する都内でも、ひときわスタイリッシュなビジネスエリアというイメージがあるのが港区です。IT関連企業やマスメディアなど、最先端の事業や流行を作り出す企業が多く集まっていることなどが、港区のビジネスエリアのイメージを作り出しています。
そんな港区エリアでは、もっとも賃料相場が高いのは六本木や麻布といったエリアで、31000円くらいの賃料となります。かつては夜の街として、日本屈指の繁華街として知られていた六本木エリアですが、六本木ヒルズが建設されてからというものオフィス街としての雰囲気も強まってきており、現在も再開発によって次々と賃貸オフィスビルが建設されています。
六本木・麻布エリアの賃貸オフィスビルがどれも大型物件であるとは限りませんが、今後ますます賃貸オフィスとして活用できるスペースは増えるはずですから、賃料相場に関してもまだ変動がみられる可能性が高いです。
ちなみに港区エリアでもっとも賃料相場が安いのは品川・白金台エリアですが、それでも賃料相場は18000円ほどとなっており、都内の他エリアより高値であるケースが多いです。

中型ビルの賃料相場(50坪~100坪)

新橋や虎ノ門あたりは古くからのビジネスエリアとして知られています。新橋などは、昭和の闇市「新生マーケット」が、現在のオフィス街としてのルーツにあるといいますから、その歴史の古さは他エリアには決して見られない独特のものといえるでしょう。
このように歴史ある新橋や虎ノ門エリアは、大型ビルだけでなく、中型ビルも多いオフィス街となっており、さまざまな企業から注目を集めています。中央区や千代田区などへのアクセスも良いので、オフィスを構えるには最適な立地であるといえるでしょう。そのため、新橋・虎ノ門エリアの中型ビルの賃料相場は、港区内では最も高値となっており、だいたい21000円ほどの相場となっているようです。
次いで相場が高いのは、青山・赤坂エリアの20000円くらい、六本木・麻布エリアの19000円くらい…となっています。
港区エリアのオフィスビルは、大型・中型問わず、外観もオシャレで個性的なものが多いので、物件探しの際は外観も詳しくチェックしておきたいところです。ちなみに賃料相場が安いのは、田町・浜松町エリアの16000円くらいです。

小型ビルの賃料相場(20坪~50坪)

大型・中型ビルの場合は、賃料相場が坪単価が20000円以上と、高値である場合がほとんどの港区ですが、20坪~50坪ほどの小型ビルとなれば、坪単価20000円以内で借りられる物件が増えてきます。
人気の高い青山あたりでも、小型ビルの場合は賃料相場が18000円ほどとなっています。
特に賃料相場が安いのは浜松町や田町、三田などのエリアで、小型ビルの賃料相場は13000円くらいとなっています。スタイリッシュでオシャレなオフィスが多い港区の中で見ると、浜松町や田町、三田エリアの物件は築年数が比較的古めの物件が古めではあります。しかし、築年数の古いビルも、ほとんどはリニューアルを終えていますし、JRはもちろん、大江戸線や都営浅草線なども利用できるエリアですから、交通の便もバッチリです。
そのため、意外とお得な掘り出し物物件が多く見つかる可能性があります。たとえば、芝浦にある「田中ビル」という物件は、ワンフロア坪単価9500円ほどの賃料で借りることができます。30坪ほどの小規模なオフィススペースとなりますが、起業時の小規模オフィスなどとしても有効活用できるためオススメです。

一覧ページへ