東京都の賃料相場まとめ!人気エリアを徹底分析

オフィスを構える際、多くの企業が集まった東京都内が良い、と考える企業は多いはずです。特に千代田区や中央区、港区、新宿区、渋谷区などのエリアは賃貸事務所の数も多く、企業ごとに異なるオフィスの要望などにも応えやすくなっています。
しかし、いざオフィスを探そうと思っても、何を基準に探したら良いかわからないお客様が多いのも事実です。
そこで、今回はオフィス探しの条件の一つとして欠かせない、東京のオフィス物件の賃料相場についてまとめました。

 

東京の賃料相場について

大型ビルの賃料相場(100坪以上)

東京の賃料相場とひとことで言っても、実は物件の規模や立地条件、設備などによって、その金額はかなり変わってきます。
たとえば、フロア面積が100坪~200坪前後の大型ビルの場合。最も高い賃料相場では、千代田区や渋谷区の坪単価平均30,000円~、同じ都内の大型ビルであっても品川区や台東区などは16,000円~というケースもあります。
もちろん、品川区や台東区であっても、駅近だったり新築の賃貸事務所だったり…という物件によって千代田区や渋谷区と同様の30,000円台の物件もありますし、高額な賃料相場の物件が多い千代田区や渋谷区でも、駅から離れていたり、古かったり、という条件を含んでいる物件であれば、賃料はかなり下がってきます。
また、東京オリンピックを目前に控え、都内では現在いたるところでエリア開発が進められています。そのため、現時点では相場が低めのエリアであっても、再開発の状態によっては急激に賃料相場が上がる可能性もあります。
賃貸オフィス物件を探す際には、こまめに賃料相場のチェックをすることが成功への近道と言えます。

中型ビルの賃料相場(50坪~100坪)

では50坪~100坪未満という中型ビルの場合はどうでしょう。
中型ビルの場合は、大型ビルでは相場の高い千代田区は割と控えめな相場となっていますが、同じく大型ビルで相場の高い渋谷区は、中型ビルの場合もやはり高めで、坪単価20,000円前後となっています。
その他のエリアでは、文京区や台東区などは坪単価12,000円前後とかなりリーズナブルな賃料になっているエリアもございます。これは、もともと文京区や台東区などに大型ビルが少なめで、反対に中型ビルタイプの賃貸事務所物件が多く集まっている傾向があるためです。
千代田区などは古くから本社を構えている大企業のオフィス需要によってどうしても大型ビルに人気が集まっていますが、渋谷区の場合は再開発ラッシュでたくさんの新しいオフィスビルが建てられたことで、大型ビルのみならず中型ビルの人気も高まっています。
渋谷区の賃貸オフィスは大企業だけでなく、ベンチャー企業をはじめとする比較的新しい企業にも注目されているのです。

小型ビルの賃料相場(20坪~50坪)

20坪~50坪のいわゆる小型ビルの賃料相場というと、いったいどれくらいになると思いますか?
物件の規模にかかわらず、賃料相場というのは、物件の設備や立地条件によって同じ区内でもかなり違いがでてくるものですが、小型ビルの場合は中型ビルの賃料相場に引き続き、渋谷区が高値となっています。渋谷区は大型・中型・小型…と、すべての規模の賃貸オフィス物件で、高い賃料相場を示しているといえます。
また、小型ビルの場合は賃料が高く人気も高いというエリアとして目黒区があります。目黒区の小型ビルの賃料相場は、千代田区や港区、中央区などよりも高めとなっており、小規模な企業から注目されるエリアです。
目黒区は近年住みたいエリアとしても注目が高まっていることもあり、あえて賃料が高い目黒区に小型ビルの賃貸事務所を構えることで、企業のステータスをあげる狙いもあります。
同様の小型ビルなら、文京区や台東区エリアの賃料相場は10,000円くらいからなので、予算を低く抑えるのであれば断然文京区や台東区の賃貸オフィスがオススメです。

一覧ページへ